前へ
次へ

一戸建て住宅と賃貸住宅の違い

一戸建て住宅と賃貸住宅をよく比較されます。
一生を通じてどちらが得をするかといった話しが出てくるとき、必ず一戸建て住宅と賃貸住宅の二つの派閥に分かれるでしょう。
実は、結論から言えばどちらも大して変わらないといえます。
後はどちらに対して価値を置いているかの違いといえるでしょう。
例えば、一生自分の住宅を所有したいというならば、一戸建て住宅の選択肢が一番になります。
また、途中で追い出されることがないのも戸建て住宅の魅力といえるでしょう。
逆に賃貸住宅にもそれなりの魅力はあり、価値が下がったとしてもそれなりに意味があることです。
つまり、所有していることに対して魅力を感じるならばどちらでもたいして変わらないでしょう。
よく、住宅の価値は土地の値段が下がることによって下がってしまうため、あまり所有することに意味がないのではないかという人もいます。
ですが、極端に土地の値段が下がらなければそれほど問題はないはずです。
また、それよりも、インフレになったりデフレになることの方がよほど大きな問題になるはずです。

Page Top